テーマ3:知的財産関連教育の推進 「早期創造性教育と知財教育の連携と統合」

事業計画・報告

高専祭での「発明コンテスト」の開催(平成18年10月)

【活動報告】

高専祭(10月21,22日)において,学生の企画・計画力および実行力の向上を図ることと,創造性教育科目の成果を把握し,教育内容の改善につなげることを目的として,宮城高専・発明コンテストを実施した。コンテストは,アイディア部門(テーマは自由)・課題部門(「通学または寮生活に関す るアイディアグッズ」,「日常生活便利品」からテーマ設定)・創造実習部門・創造工学演習部門の4 部門で開催した。

応募状況は,アイディア部門:2件,課題部門:2件,創造実習部門:3件および創造工学演習部門:2件(ただし,創造実習および創造工学演習部門は指導教員の推薦による)であり,中間審査を経てコンテストで内容を紹介し,投票により各部門の優秀賞と入賞を決定した。投票には,2日間で97名の参加があった。以下に発明コンテストの様子を示す。

図  宮城高専・発明コンテストの様子
展示の様子
展示の様子
表彰式の様子
表彰式の様子

課題部門に応募し,最優秀賞を受賞したアイディアについて特許出願に向けて藤木弁理士のご支援をいただき,3月末に特許出願を行った。

事業計画・報告目次