多くのかたに「教学パーティーによる学習コンダクター育成」ウェブサイトをご利用していただくため、アクセシビリティに配慮したウェブサイトの制作をおこなっております。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルシートが未対応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している情報は問題なくご利用いただけます。

以下のリンクより、メニュー、本文へジャンプができます。


メニュー

学生の方へ

プログラム体験記 教材コンテスト

教育関係者・保護者・行政の方へ

みちのくGP参加報告

お問い合わせ先

仙台高等専門学校 名取キャンパス

〒981-1239
名取市愛島塩手字野田山48
TEL:(022)381-0252
FAX:(022)381-0249

トップページ > 教育関係者の方へ > 教育の質の向上への対応

教育の質の向上への対応

人材養成目的の明確化

本校が掲げる、実践的で質の高い技術者像「複眼的視野と複合的領域へのデザイン対応力を持ちながらも、最も自信のある専門工学領域の基本的素養を持つ技術者」の下、「Science Based Technology」教育、「基礎・基本重視」教育、「ものづくり」教育を核とする、本校独自の人材養成プランが、運営会議で企画・計画され[P]、各学科等、各委員会で実行され[D]、毎年評価委員会や学外の運営諮問会議で評価され[C]、改善委員会、企画調整会議で改善方針が検討され改善が為される[A]。人材養成プランの内容は、毎年学生へ配布する学生便覧、学習の手引き(シラバス)および学校のホームページ(以下、HP)に掲載する等、学内外へ積極的に開示している。

人材養成目的の学則等規定

本校が育成する人材に関しては、本校が掲げる実践的で質の高い技術者像の下で、「Science Based Technology」・「基礎・基本重視」・「ものづくり」教育を十分に考慮して、仙台高専独自の教育目的を定め、それを基に各学科で学科の専門色を活かした教育目的を定めている。

学生に習得させるべき能力等

本校・各科の教育目的に沿って、学生に習得させるべき能力として、準学士課程独自の教育目標を定め、それを基に各学科・系毎に、それぞれの特色を活かした教育目標を定めている。

卒業認定、カリキュラム編成、入学受け入れのポリシー

  • アドミッションポリシー
    本校・各科等の教育目的・教育目標に沿って、本校の入学者に期待される人間像として本校独自のアドミッションポリシーを定め、それに合う中学生や高校生(編入生)を募集している。
  • カリキュラム編成方針
    本校の教育目的・教育目標・アドミッションポリシーに沿って、「Science Based Technology」・「基礎・基本重視」・「ものづくり」教育に特化しながらも、各科・系の特長を活かした方針を立て、それを基にカリキュラムを編成している。また、一般から専門への継続性、早期創造技術者教育を意図して、1年生から専門科目を配置する「くさび型」のカリキュラム構成を採る。
  • 卒業認定方針
    本校の卒業認定は、教育目的・教育目標・カリキュラム編成(方針)に沿って定められた「仙台高等専門学校学業成績の評価並びに学年の課程の修了及び卒業の認定に関する規則」に基づき厳格に管理されており、実践的で質の高い技術者として成長していることが認められた学生に対して、卒業進級認定会議で全教員の了承を経た上で、校長が卒業を認めるものとしている。

成績評価基準等の明示等

本校の実践的で質の高い技術者像の下、教育目的・教育目標・アドミッションポリシー・カリキュラム構成(方針)に沿った、「成績評価基準等」が、運営会議で企画・計画され、各学科等、各委員会で実行され、毎年評価委員会や学外の運営諮問会議で評価され、改善委員会、企画調整会議で改善方針が検討され改善が為される。成績評価基準等は、学生に配布される学生便覧・シラバスおよび本校HP を通して積極的に学生に開示されて、ホームルーム、各科目のガイダンス、特別活動、特別研修等で、シラバスを用い担当の教職員より学生に対して周知徹底されている。

成績評価基準等の制定のフロー及び明示システム 成績評価基準等の制定のフロー及び明示システム

授業の方法及び内容並びに一年間の授業計画明示内容・方法について

シラバスの科目欄の主要な記載事項は、授業形態(方法)、授業概要[授業の目的、カリキュラム上の位置づけ等]、到達目標[仙台高専学習・教育目標、JABEE 認定基準]、履修上の注意[準備学習等]、各回ごとの授業項目及び授業項目に対する達成目標[授業内で学生が達成・理解すべき項目]、学習・教育達成目標、評価方法と基準[試験やレポート等の評価方法とその割合]である。

学生の学習時間確保の方法について

本校のアドミッションポリシーやカリキュラム構成方針に沿って、一般科目は履修単位(30×50分の授業時間で1単位)、専門科目は学修単位(45×60分の学修時間で1単位、必修や選択に併せて授業時間を15×60〜45×60分に設定)で実施している。学修時間の保障の為に、講義・演習・実験実習等では、課題・直筆ノート・レポート等の提出、卒業研究やコンテストでは、論文(作品)・学修履歴簿[教職員の署名があるゼミ記録・日記で代用可]等の提出を義務付けている。また、教員側のオフィスアワー簿もエビデンスに利用することを検討している。なお、コンテスト型の授業では、改良型GPA(成績×保障可能な学修時間を基に単位化)を検討している。

分野・授業形式・区分別の学修時間保障システム 分野・授業形式・区分別の学修時間保障システム

学修の成果に係る評価及び卒業の認定に当たっての基準の明示と、基準に沿った実施について

シラバス等で成績評価方法及び基準を開示しており、その内容は、授業時間内で教職員を通じて学生に対する周知徹底が図られている。最終的な卒業の認定は、本校の教育目的・教育目標・アドミッションポリシー・カリキュラム構成を鑑みて、「仙台高等専門学校学業成績の評価並びに学年の課程の修了及び卒業の認定に関する規則」沿って各学生の全ての学習の成果物を基にして厳格な審議が為され、「実践的で質の高い技術者」であることが認められた学生に対しては、卒業認定会議で参加教員全員の了承を経た上で、校長により行なわれている。

ファカルティ・ディベロップメントの実施

本校の教育改善を目的とした組織としては、平成3年に設置された自己評価委員会から発展した評価・改善委員会、平成15年度より新たに組織化した創造性教育検討会(FD 委員会)が設置されている。これらの委員会により、スキルアップ研修会[年2回]、授業実践・研究報告会[年2回]、授業公開[年2回]等が実施されている。平成20年度には、学則第13条の4に教育内容等の改善のための組織的な研修等を制定する等、教育改善に積極的・継続的に取組んでいる。

現在、これらの委員会を再編成し、校長の統括、FD委員会(4副校長)の総括の下で、教務主事、学生主事、寮務主事、創造性教育検討会が[計画]を担当、教務委員会、学生委員会、寮務委員会、各学科等、専攻科委員会が[実施]を担当、評価委員会が[評価]を担当、改善委員会が[改善]を担当する、など役割ごとに独立した組織とする体系化を図り、全体としてPDCAサイクルが形成されるようにし、全学・継続的な「教育の質の向上」の取組を加速させるよう努めている。

全学的FD体制 / 全学的自己点検・評価等の実施体制 (左)全学的FD体制 / (右)全学的自己点検・評価等の実施体制

自己点検・評価等の実施体制・展開と評価結果の反映

本校では、平成3年より自己評価委員会の活動を開始し、平成8年度からは学生による授業評価アンケートを全科目で実施[年2回]している。本校では、シラバス[P]に沿って、実施された授業[D]に対して、(平成15年度から)学生による授業評価アンケート調査による評価[C]を実施しており、その結果を基に、教員が自ら改善項目を設定し[A]、次年度のシラバス[P]に反映させる、教職員の自己点検・評価の為のPDCAサイクルを有する。それらの成果は授業評価アンケート評価報告書として、学生をはじめ学外に対しても積極的に公開しており、学内外の意見をフィードバックできる仕組みを確立している。また、運営諮問会議の諮問結果を「外部評価報告書」として平成11年度より公表するとともに、提出された提言・助言に対する各学科、各種委員会等での取組を平成12年度に「外部評価の提言に対する取扱」として公表している。さらに、機関別認証評価、JABEE認定・審査での授業公開、本校の研究紀要、国立高等専門学校機構の高専教育及び日本工学教育協会の論文集等へ発表する等、積極的に教育の質の向上に努めている。

現在、これらの委員会も再編成し、運営会議が[計画]を担当、各学科等及び各種委員会が[実施] を担当、運営諮問会議、評価委員会が[評価]を担当、企画調整会議、改善委員会が[改善]を担当し、全体でPDCAサイクルを形成するようにして、全学的なスパイラルアップの体制を構築している。これにより、本校独自の人材養成プランである教育目的・教育目標、アドミッションポリシー・カリキュラム構成など方針、が適正に機能するように継続的な評価・改善を実施し、本校が掲げる「実践的で質の高い技術者」が育成される教育体制を加速・発展させることを目指している。