国立研究開発法人 科学技術振興機構 (JST) 「ジュニアドクター育成塾」 採択プログラム
高専の早期教育を活かした
科学技術イノベーション人材の育成システム
| 新着情報
H30.08.24
 第二期受講生募集に関し、名取キャンパスの募集期間は9/7(金)まで延長しています。
H30.08.17
 名取キャンパスのサイエンス・コースの受講生が、サイエンス・デイ オブ ザ イヤー 2018において、最高の賞である「文部科学大臣賞」を受賞しました。この賞は、「科学を社会に伝える優れた方法論の可視化・共有化」を目的として、 2016年度から創設されたもので、サイエンスデイでの出展内容とサイエンスデイAWARDの表彰式でのプレゼンテーションおよび、事前に提出された審査資料をもとに選定されたもので、サイエンス・コースの受賞は、初出場で初受賞となる快挙となりました。授賞式は、東北大学「知の館」で開催されました。
H30.08.01
 第二期受講生を募集します。

募集対象者:小学5年から中学3年まで
募集人数:40名(広瀬・名取キャンパス合わせて)
募集期間:8/1(水)〜8/24(金)
※名取キャンパスの募集期間は9/7(金)まで延長しています。
主な分野:ロボット・AI・電気自動車・物理・化学・生物・数学・建築等
受講期間:平成30年10月から1年間(月に1〜2回程度を予定)
※応募方法や詳細については、同ホームページ内、募集案内ページをご確認ください。
皆様からのご応募、お待ちしております。
H30.07.18
 サイエンス・コースの学都「仙台・宮城」サイエンスデイでの出展で、以下の8賞を受賞致しました。サイエンスデイAWARD2018の表彰式は、7/20(金)に東北大学で開催されます。

  「科学の花咲く」賞(2018)
  Sugars賞(2018)
  東北大・多元研・賞(2018)
  東北大学流体科学研究所長・宇宙少年団仙台たなばた分団長賞(2018)
  東北大学工学研究科創造工学センター賞(2018)
  サイエンスデイTU賞(2018)
  テクノロジー&コミュニケーション賞(2018)
  東北大学工学研究科長賞(2018)
H30.07.15
 サイエンス・コースでは、学都「仙台・宮城」サイエンスデイへの出展を行いました。光や色、圧力や流体、建築と振動をテーマに実施されたサイエンス・コースのブースには、600名を超える来場者の皆さんに科学の面白さに触れて頂きました。
H30.07.07
 サイエンス・コースでは、学都「仙台・宮城」サイエンスデイへの出展に向けて、来場者への説明のためのポスター作成が開始されました。それぞれのブースでは、来場者の皆さんに分かりやすく、実験内容を伝えるための趣向を凝らしたポスター造りが進められています。
H30.06.16
 サイエンス・コースでは、学都「仙台・宮城」サイエンスデイへの出展に向けて、熱心なディスカッションが行われました。
H30.5.12
 名取キャンパスのサイエンスコース 男子グループでは、大気圧の大きさを実感するために、真空砲の実験をしました。ボールを入れ、真空に引いたパイプの片面を開けると、もう一方の穴から、大気圧で押し出されたボールが高速で飛び出します。動画は、スローモーションによる撮影ですが、それでもボールの軌跡を追うことが難しいほどの速さで、大気圧の大きさが実感できます。
H30.4.26
 ジュニアドクター育成塾の平成30年度募集に関する情報を掲載しました。詳細は、募集案内をご参照下さい。
H30.3.10
 名取キャンパスのサイエンス・コースでは、建築のテーマに関して、接合方法を変えた木材の破壊試験を行いました。

 名取キャンパスのロボット・コースでは、ロボットのプログラミング制御によるコース走行が実施されました。通常では切り返せないコーナーを、これまでのスキル・アイデアを駆使して走破しました。

H30.2.24
 名取キャンパスのサイエンス・コースでは、流体力学をテーマに「気球実験」、「酸素の液化実験」、「人工竜巻実験」が行われました。今回の受講では、様々な実験を通して、風がものを吸い寄せる力があることや、飛行機の飛行原理、気象現象等を学びました。

 名取キャンパスのロボット・コースでは、障害物を避けながらのコース走行に取り組みました。ロボットで大切なセンサー技術・プログラミング技術について学びました。

H30.1.13
 名取キャンパスにおいて、サイエンス・コースとロボット・コースのジュニアドクター育成塾(第5回)が開催されました。サイエンス・コースでは化学のイオンとメッキの勉強(下図右)、ロボット・コースでは作製したロボットのプログラミングにおけるコース走行(下図左)が行われました。
H29.12.17
 広瀬キャンパスにおいて、ジュニアドクター育成塾 JST実地訪問がありました。Aコースの活動見学後、意見交換会が行われました。
H29.12.9
 名取キャンパスにおいて、サイエンス・コースとロボット・コースのジュニアドクター育成塾(第4回)が開催されました。サイエンス・コースではバクテリアの観察と指数の勉強(上図左右)、ロボット・コースでは、プログラムの書き方やロボットの操作(下図左右)が行われました。
H29.12.6
 本校のジュニアドクター育成塾の取り組みを、「ちかてつさんぽ」(河北ウィークリーせんだい別冊)において紹介させて頂きました。当該の掲載紙は、仙台市地下鉄情報紙として地下鉄のご利用者に配布されるもので、「キャンパスNEWS」コーナーに掲載されています。地下鉄をご利用の際は、是非、ご覧頂ければと思います。
H29.11.25
 名取キャンパスにおいて、サイエンス・コースとロボット・コースのジュニアドクター育成塾(第3回)が開催されました。サイエンス・コースでは化学反応の観察と実験(下図左)、ロボット・コースでは、ロボットの組み立て(下図右)が行われました。
H29.11.11
 名取キャンパスにおいて、サイエンス・コースとロボット・コースのジュニアドクター育成塾が開催されました。サイエンス・コースでは様々な自然やデザイン等の実例を基にした黄金比(数学)について(下図左)、ロボット・コースでは、ロボットの組み立て(下図右)が行われました。これらの取り組みでは、受講生の皆さんの熱心な活動が見られていました。
| 過去の情報
過去の情報
独立行政法人 国立高等専門学校機構 仙台高等専門学校
Copyright (C) National Institute of Technology, Sendai College. All rights reserved.
アクセスカウンター