仙台高等専門学校 名取キャンパス

ホーム > 学校案内 >

沿革と位置づけ・教育体制

沿革/History

  我が国の産業の目覚ましい発展と科学技術の著しい高度化に伴い、 有為な技術者の養成が社会の各方面から強く要望され、昭和36年の学校教育法の一部改正により、 高等教育機関として新たに中学校卒業程度を入学資格とする5年制の高等専門学校制度が発足しました。

  本校は、昭和38年4月1日に機械工学科、電気工学科、建築学科の3学科をもって開校し、 昭和43年度に金属工学科を増設、昭和61年度に金属工学科が材料工学科に改組され、 平成5年度に情報デザイン学科が増設されました。

  さらに、平成10年度には専攻科課程(生産システム工学専攻、建築・情報デザイン学専攻)が設置され、 先端的技術の開発研究に対応できる技術者養成機関として充実した高等専門学校となり、 平成16年度からは独立行政法人国立高専機構が設置する宮城高専となりました。

  With rapid progress and remarkable technological developments in Japan during the early 1960's, every field of our society felt the need for trained technical experts.  This led to the establishment of a new type of a higher educational institution, the college of technology.  A college of technology admits students from junior high school, who then study one organized curriculum for five years.

  Miyagi National College of Technology was founded on April 1, 1963.  Originally, it had three departments: Mechanical Engineering, Electrical Engineering, and Architecture.  In 1968, the Department of Metal Engineering was added.  In 1986 this was reorganized into the Department of Materials Science and Engineering.  The Department of Design and Computer Applications was added in 1993.  In April, 1998, two Advanced Engineering Courses were established: the Advanced Course of Production System Engineering, the Advanced Course of Architecture, Design and Computer Applications.  April 2004 saw Miyagi National College of Technology turned into a member of the independent administrative agency named institute of National Colleges of Technology.


       ※年代記の閲覧にはAdobeReader(無償)のインストールが必要です。

学校制度における本校の位置づけ/School System

  下図(クリックすると拡大されます)は、学校制度における、 高専(準学士課程)および 専攻科(専攻科課程)の位置づけを表しています。

教育体制/Educational System

  下図(クリックすると拡大されます)は、本校の教育体制における 準学士課程(機械工学科、電気工学科、建築学科、材料工学科、情報デザイン学科、及び総合科学系)と、 専攻科課程(生産システム工学専攻,建築・情報デザイン学専攻)の関係を表しています。


▲ページ上部へ戻る