本文へジャンプ
                      プログラム概要
概説
 1998年度、宮城工業高等専門学校(以下、宮城高専)は生産システム工学専攻と建築・情報デザイン学専攻の2専攻からなる修業2年限の専攻科課程を、宮城高専の準学士課程と称される5年間一貫教育体系の上に創設しました。その結果、大学評価・学位授与機構に申請し審査の上、合格することにより学士の学位取得できる学士課程(準学士課程4年、5年と専攻科2年間の計4年の修業年限)と同等の教育体系が整えられました。さらに、2002年度にJABEE認定の申請を行い同年受審し、2003年4月15日に2002年4月1日から2007年3月31日までの5年間のJABEE認定技術者教育プログラムとして認定されました。

その後、本校は2004年度から独立行政法人国立高専機構が設置する宮城高専となり、それに伴い、国立高専機構法第12条の定める業務の範囲が機構以外の者と連携による教育研究活動を行うことと定められ、より一層産業界などとの連携が求められるようになっています。


(1)プログラムの特徴
  高度化・多様化した複合課題に対応できる技術者を養成するプログラムとしています。生産システム(機械、電気、材料、情報、建築、デザインなどの広範な領域を対象)の問題を解決するデザインセンス(設計、企画、構築、製造などの基本)を涵養する教育を行う特色を持つ、工学一般の教育体系であります。養成しようとするエンジニア像は、総合力を持つ技術者、即ち、「最も自信のある専門領域の基本的素養を持ち、しかも複眼的視野と複合的な領域へのデザイン対応力を持つエンジニア」であります。これは、基盤技術の革新のための生涯教育の手法としても活用できます。

(2)プログラムの成果
  個性的な教育活動の水準の向上と活性化を図るとともに、地域に根ざした高等教育機関として「社会と共に次世代技術者を養成する共同教育Co-op」事業を実現し、改善しつつあります。技術者の原点は、本物の技術に触れ、学ぶ必然性を認識して自学自習する習慣を獲得する点にあります。低学年からの創造実習、専攻科課程での長期Co-opの導入とPBL方式教育の実践により、上記目的の能力を備えた学生が育ってきています。リーダーシップ、協調性などが改善されました。さらに、本校では、平成18年度の文部科学省海外先進教育実践支援プロジェクトと現代GP知財関連教育推進のプロジェクトに採択され、海外Co-op、国内Co-opのあり方や知財教育を含めたさらなる改善に取り組んでいます。

(3)メッセージ
  設置基準の改定に伴うカリキュラムの見直しを図っています。特に、準学士課程4、5学年を中心に60単位までを大学単位化し、専攻科課程を含めた見直しで、世界標準である45時間の「学修」をもって1単位とする単位基準をその通りに実践することを目的として、対話型講義と自学自習を取り込んだ教育プログラムを実施中であります。「学ぶ必然性を認識して自学自習する習慣を獲得する」真の実践的技術者教育であります。これらの実施に向けて、新たにeラーニングシステム(平成18年度概算要求で採択)を導入・活用し、教員、学生が努力を続けています。