本文へジャンプ
        生産システムデザイン工学」教育プログラム修了要件
  「生産システムデザイン工学」教育プログラムは一部3学年科目を含めて、4学年次から5年次の準学士課程2年間と専攻科課程2年間の合計4年間に相当する学習・教育を基本として構成し、独自に教育プログラムの修了要件として定めています。準学士課程卒業後、専攻科課程への入学試験(推薦入試と学力入試)があります。これに合格したものが更に2年間の学修を経てこの課程を修了することになります。

 そのプログラム修了要件は、以下に示すように12項目からなります。

学位(学士)を取得すること。

2.生産システムデザイン工学教育プログラムにおいて、124単位以上を修得すること。

3.生産システムデザイン工学教育プログラムにおいて、1、800時間以上の総学習保証時間を経験していること。
  但し、この時間には250時間以上の人文科学、社会科学等(語学教育を含む)、250時 間以上の数学、自然科学、情報技術及び900時間以上の専門技術に関する学習・教育時間を含まなければならない。
シラバスの授業科目対応表の中で、人文科学、社会科学等については、「0.教養一般科目」を、数学、自然科学、情報技術については、「1.基礎能力」に「2−a−2 情報・論理系科目群」を加えたものを、また、専門技術については「2−a−2 情報 ・論理技術科目群」を除いた「2.基礎工学並びに専門工学の知識・能力」をそれぞれ対応させるものとする。

4.数学の分野に関して、@微分積分学、A線形代数、B微分方程式、C確率と統計、D数値解析、E応用数学などに関連する科目群1−a(シラバス参照)の中から、これらの6群の中から4群以上にわたって、直接関連する科目を4科目以上修得していること。

5.物理、化学、生命科学などについては、@物理、A化学、B生命科学(地球物理学、遺伝子工学、環境科学を含む)の3群について、直接関連する科目を各群から1科目以上合計3科目以上修得していること。

6.基礎工学2−aについて、その内容は、2−a−1)設計システム系科目群、2−a−2)情報・論理系科目群、2−a−3)材料・バイオ系科目群、2−a−4)汎用力学系科目群、の4群からなり、各群から少なくとも1科目、合計6科目以上修得していること。

7.専門工学2−b)及び2−c)、2−d)、2−e)について、その内容は@工業技術システムを理解する能力科目群、A設計・企画・デザインする能力科目群、B新しい工業技術を創造・開発できる能力科目群、C工業システムを再構築できる能力科目群として、下記の4つの科目群のうち各群から1科目以上、合計6科目以上修得していること。

   @工業技術システムを理解する能力科目群:

シミュレーション工学、システムダイナミクス制御、半導体デバイス、ナノエレクトロニクス(2007年度から追加)、真空工学

環境システムシミュレーション(専攻科1年生)

環境システムシミュレーション(専攻科2年生)

   A設計・企画・デザインする能力科目群:

     人間工学、情報処理、創造工学演習、特別研究

   B新しい工業技術を創造・開発できる能力科目群:

     粉体工学、材料システム学、システム要素学、応用電子計測

     微小加工学、プラズマ応用工学、人工知能特論

   C工業システムを再構築できる能力科目群:

     専攻実験、特別研究、専攻演習、専攻実習

8.専攻実験を必ず修得していること。

9.工学の基礎的な知識・技術を統合し、創造性を発揮して課題を探求し、組み立て、解決する能力科目として、@卒業研究、A特別研究を修得すると共に、B研究内容を該当する専門学会などで、学外発表をしていること。

10.技術者が経験する実務上の問題点と課題を理解し、適切に対応する基礎的な能力をつける科目として、@創造工学演習、A専攻演習、及びB長期インターンシップの単位を修得していること。

11.「歴史・文化を理解する能力科目群」の中から2科目以上修得すること。「社会技術系科目群」の中の「技術者倫理科目群」から2科目以上、「社会・地球環境科目群」の中から2科目以上修得すること。

12.英語の能力については、Educational Testing Serviceが行うTOEIC Test of
   English for International Communication
)で400点相当以上の能力を備え
   ていること。