仙台高等専門学校 名取キャンパス

ホーム > 宮城高専学科紹介 >

情報デザイン学科/Department of Design and Computer Applications

  近年、計算機の普及は目覚しく、物作りや通信の分野でも情報処理機器が広く使われています。  したがって、これらの分野で活躍するためには、各分野の基本知識だけでなく、 情報処理機器を使いこなすことと、情報処理機器を利用した表現能力が必要です。

  このような背景のもと、情報デザイン学科は、 平成5年4月に全国の高等専門学校の中で唯一の学科として本学に設置されました。

  情報デザイン学科では、計算機学や造形の基本知識とともに、 情報処理機器を利用して適切な情報を最適な表現方法で伝える能力を修得することができます。


  Recently, computers are extensively used in a wide variety of areas including the product design and telecommunication.  It is essential for professionals to have a fundamental knowledge of these areas and the ability to make full use of highly evolved information facilities.

  This is the background in which the Department of Design and Computer Applications was founded in 1993 as the very first organization in the national colleges of technology.

  In our department, students are able to obtain a fundamental knowledge of engineering, basic art, advanced computer operations, and a sense of design, which are all indispensable for representing information correctly and effectively.


   情報デザイン学科ホームページへ


▲ページ上部へ戻る