仙台高等専門学校 名取キャンパス

ホーム > 宮城高専学科紹介 >

機械工学科/Department of Mechanical Engineering

  “物をつくる”ことは人類の歴史が始まって以来、人間が生きてゆくための基礎です。  時代の最先端技術であるコンピュータ、半導体、ロボット、自動車、ジェット機、 人工衛星などは“物をつくる”技術の大きな進歩によって可能となりました。  これらの最先端技術の各分野で多数の機械技術者が設計、開発、製造に活躍しています。

  機械工学科では新時代の技術革新にも対応できる基礎力と柔軟な応用力を持った 実践的技術者の育成に力を入れています。  工業の基礎となる材料力学、熱力学、流体力学、機械力学から、 コンピュータを利用した設計や製図等の応用まで、 幅広い知識と技術を学べるようにカリキュラムが構成されています。


  Mechanical engineers have played an important role in the manufacturing of products in the modern industrial world.

  The Department of Mechanical Engineering aims to cultivate students as engineers and researchers who have not only a fundamental knowledge of mechanical engineering, but also creative abilities in the various fields of engineering.  For this purpose, this department places great importance on basic theories and their application to mechanical engineering in manufacturing.


   機械工学科ホームページへ


▲ページ上部へ戻る