仙台高等専門学校 名取キャンパス

ホーム > 宮城高専学科紹介 >

材料工学科/Department of Materials Science and Engineering

  自然と人類が調和した新しい循環型社会の実現に向けて、 全ての製品のもとである「材料」の環境負荷低減が求められています。  水素や太陽などのエネルギー利用やバイオ燃料技術には、 効率的な利用を可能にする新たな材料開発が必須です。

  材料工学科は、基礎となる材料科学を理解し、 より高度なそして地球にやさしい材料を設計・開発・製造できる技術者を育成しています。  金属やセラミックスの専門科目、化学や物理などの基礎科目とともに、 多く観察・分析実験テーマと卒業研究での実践的学習を通して、 知識・技能と創造性を兼ね備えた材料エンジニアを育てます。


  Metals, polymers, fabrics, biofuel, "green" technology--materials are everywhere.  All that we see and use is made of materials. This is why developing the environment-friendly materials is one of the most important and urgent technologies for the future of this planet.

  The Materials Science and Engineering program at Miyagi National College of Technology is designed to give MSE students the critical foundation of knowledge to work in the field.  Throughout our “experiment” emphasized program MSE students are trained to be the engineers on the cutting edge of new research and development in many fields.


   材料工学科ホームページへ


▲ページ上部へ戻る