仙台高等専門学校 名取キャンパス

ホーム > 専攻科紹介(〜H21年度入学) >

教育目標

  近年、あらゆる分野において複合化・融合化が進展している産業技術に対して、 境界領域に関心を持って独創的な技術を開発できる、また、 その領域に発生する諸問題を発見・解決できる能力が求められています。  このような工学の複合化・融合化への対応として、 「最も自信のある専門領域の基本的素養を持ち、しかも複眼的視野と複合的領域への デザイン対応力を持つエンジニア」の育成を目指して、 準学士課程で学んだ知識を体験的学習を通して使いこなし、 それを知恵に深める教育、すなわち、次の5点を教育目標としています。

  1. 多様な理学・工学などの知識の使いこなしをとおして、産業界が必要とする モノやシステムをデザイン・構築できる能力を身につけさせる。
  2. 世界の歴史・文化・環境を理解し、国際社会の一員として健全な判断と良識ある行動を身につけさせる。
  3. 研究成果について、記述、発表、討論できる能力、および国際的なコミュニケーション能力を身につけさせる。
  4. しなやかな発想力、企画力を養い、独創的なデザイン能力を身につけさせる。
  5. 自主的、継続的に、勉学し研究する姿勢を身につけさせる。

  以上、要するにものづくり分野を革新させる知識と技術を併せ持ち、 ものづくり過程の全体を見渡し技術の目利きをすることの出来る技術者の育成が教育目標です。

  なお、本教育目標は、後述する「生産システムデザイン工学」教育プログラムの学習・教育達成目標 (日本技術者教育認定機構(JABEE)認定の教育プログラムをご覧下さい) を理念的に表現したものです。

学校制度における専攻科の位置づけ


【学校制度における高専(準学士課程)と専攻科(専攻科課程)の位置づけ】
(クリックすると拡大されます)

▲ページ上部へ戻る