仙台高等専門学校 名取キャンパス

ホーム > 専攻科紹介(〜H21年度入学) >

教育体制

  宮城高専の準学士課程は、機械工学科、電気工学科、建築学科、材料工学科、情報デザイン学科 の5学科で構成されています。  専攻科は、次図のとおり機械工学科、電気工学科、材料工学科を基礎とする「生産システム工学専攻」と、 建築学科、情報デザイン学科を基礎とする「建築・情報デザイン学専攻」の2専攻よりなっています。

両専攻の教育目的

生産システム工学専攻の教育目的

  人間と環境との調和を重視し、複数領域の技術を融合して、 社会が必要とする新技術の開発と高度な生産システムを構築・発展 させることができる技術者を育成する。

  具体的には、生産システム工学専攻では、準学士課程で習得した 機械工学系、電気工学系、材料工学系の専門の基礎の上に、 さらに高度な専門技術を学ぶとともに、積極的に他分野の技術も学習する。  これらの技術を、特別研究、長期インターンシップ、実験・実習等を通して研鑽し、 人間と環境との調和を重視する複眼的視野のもとに、応用、展開できる能力を身につける。

建築・情報デザイン学専攻の教育目的

  人間と環境の調和を重視し、複数領域の技術を融合して、 社会が必要とする空間やモノのデザインと高度な建築・情報システムを 構築・発展させることができる技術者を育成する。

  具体的には、建築・情報デザイン学専攻では、準学士課程で習得した 建築学系、情報デザイン学系の専門の基礎の上に、 さらに高度な専門技術を学ぶとともに、積極的に他分野の技術も学習する。 これらの技術を、特別研究、長期インターンシップ、実験・実習等を通して研鑽し、 人間と環境との調和を重視する複眼的視野のもとに、応用、展開できる能力を身につける。

カリキュラム構成

  ※カリキュラム構成の閲覧にはAdobeReader(無償)のインストールが必要です。

学位(学士)の取得

  学位は「大学評価・学位授与機構」から与えられます。  大学評価・学位授与機構の定める高専専攻科生に対する学位授与は、 次の3点を満たすことが必要条件となっています。

  1. 高等専門学校卒業者
  2. 大学評価・学位授与機構の認定する高専専攻科において下記の単位を取得していること。
    • 2年以上にわたり在籍・修学のうえ、62単位以上を取得していること。
    • 専門の科目を体系的に履修していること。
  3. 大学評価・学位授与機構の行う学修成果(レポート)の審査及び試験に合格すること。

専攻科修了要件

  専攻科の修了要件は、以下にあげる条件を満たしていることとしています。

  1. カリキュラム構成に示している科目を履修していること。
  2. 所定の単位を修得していること。ここで、所定の単位を修得とは、 一般科目4単位以上、専門基礎科目14単位以上、専門科目44単位以上、 計62単位以上修得することである。

「生産システムデザイン工学」教育プログラム修了要件

  日本技術者教育認定機構(JABEE)認定の教育プログラムである 本校の「生産システムデザイン工学」教育プログラムの修了要件は、 次の表にあげる条件を満たしていることとしています。

他大学・高専の聴講による単位修得、および仙台電波工業高等専門学校との合同授業

  専攻科生を対象に実施実効されている単位互換制度は、二つあります。  一つは 「学都仙台コンソーシアム(The Academic Consortium of Sendai)」、 もう一つは「東北大学、宮城高専、仙台電波高専単位互換協定」(専攻科生のみ対象)です。  これらの協定により、近隣の大学の授業の一部を履修し、単位として修得することができるようになっています。

  また、前期授業の「画像処理工学」については、仙台電波高専と連携した合同授業を開講します。  したがって、仙台電波高専の専攻科生と一緒に、本校教員と仙台電波高専教員の授業を受けることになります。

▲ページ上部へ戻る