多くのかたに「東北6高専による産学官連携戦略展開事業」ウェブサイトをご利用していただくため、アクセシビリティに配慮したウェブサイトの制作をおこなっております。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルシートが未対応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している情報は問題なくご利用いただけます。

以下のリンクより、メニュー、本文へジャンプができます。

体制図

連合組織等の体制図

連合組織等の責任者

氏名: 内海 康雄
役職: 仙台高等専門学校名取キャンパス・教授
地域イノベーションセンター長

連合組織等の内容:

東北地区をまとめる東北地域知財本部を仙台高専に設置し、年度計画に基づく地区での催事を企画・開催する。各高専は地域共同テクノセンター等の既存担当部署を通じて、共通催事と各分担の活動に参加する。

連携機関の役割分担:

拠点校(仙台高専)は、地域全体の情報収集・整理・発信など知財化支援、技術移転の促進、事業化支援、コーディネーターの配置を行う。
各高専は、各々の強みを活かした分担分野を主としながら、地域産業との連携強化、ニーズの掘り起こし、シーズの発信などを行う。

応募機関の体制図

応募機関における産学官連携組織の責任者

氏名: 遠藤 智明
役職: 仙台高等専門学校名取キャンパス・教授

連携機関の役割分担:

仙台高専は高度化・再編へ向け、実績を踏まえて協働する4つのセンターからなるセンター群を設立する。全体は地域連携・産学連携センター群運営委員会により運営され、役割分担は以下の通り。

東北地域知財センター:東北6高専の知財に関して、

  1. 地元企業のニーズに対応した知財の収集・管理などを東北全県で6高専とともに行う。
  2. 特許流通フェア、シーズ展示、DBの整備・公開などの情報発信を、各県ならびに全国規模で行う。
  3. 活動の蓄積を受けて、実用化・事業化、大型の外部資金への応募などを実施する。

関連するセンター群については、地域イノベーションセンターは産学連携・研究支援、地域のコーディネーション等、ICT先端開発センターはネットワーキング、組込みシステムなど情報技術の開発、CO-OP教育センターは学生や企業人の教育を行う。
これらは事務スタッフ5名の支援を受ける。

事業概要主な取り組みと現況産学官連携戦略事業計画体制図


サブメニュー

お問い合わせ先

仙台高等専門学校名取キャンパス
〒981-1239
名取市愛島塩手字野田山48
TEL:(022)381-0252
FAX:(022)381-0249